上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆今夜(4月8日(水))の8時からは『さくらFM』( 78.7MHz)で「金谷こうすけのJazzySquare」!
今夜のゲストは苦楽園在住のJAZZベーシストで、関西JAZZ協会副会長の宮本直介さんです!
すっかり定着した西宮JAZZ3Daysのお話やJAZZ談義で盛り上がります!
今夜のお便りのお題は!
1)春の音楽街道、行ったよ〜!
2)今年の桜の思い出
3)その他、何でもOK!
宛先は⬇
・Mail) 787@sakura-fm.co.jp  
・Fax) 0798-37-5514
・Facebookの金谷こうすけのウオールへの返信
・Twitterで#こうすけ
皆様からのリアルタイムのお便り、お待ちしています!
スポンサーサイト
04.08 (Wed) 11:48 [ 非日常 ] CM0. TB0. TOP▲
2015年1月17日リリース予定のニューアルバム『Phoenix』のマスターが終了しましたので、いまの思いを綴りました。
金谷こうすけ公式ブログ

12.16 (Tue) 06:35 [ 非日常 ] CM0. TB0. TOP▲
新しく公式ホームページがオープンしました。
(これにともない従来の公式HPは閉鎖となります。)
新URLは、
http://www.course-k.net
です。
新公式HPの中に、新「公式ブログ」を設置いたしました。
このFC2ブログは、これからライブやコンサートの情報を中心に更新していくことになりました。
新旧併せて、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。



04.11 (Fri) 11:33 [ 非日常 ] CM0. TB0. TOP▲
皆様、新年明けましておめでとうございます!
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます!


01.08 (Wed) 13:34 [ 非日常 ] CM0. TB0. TOP▲
<2013年大晦日雑感>
今年も暮れようとしています。Facebookの友人はじめ、当ブログ・Twitterのお友達、ファンの皆様、レッスン生を含むぼくのスタッフの皆様、そして今年一年、ぼくと共演してくださいましたシンガー・ミュージシャンの皆様、本当にお世話になりました。心よりお礼申し上げます。
胸に去来するもの、そして常に頭の中に暗くたれ込んでいる雲は、今年も晴れずに抱え込んだまま今年も越年することとなりました。
それでも今年はいままでで一番落ち着いて仕事に向き合えたと思います。
自分の望む仕事の方法や内容に、ゆっくりではありますが近づいていることが実感できた年でもありました。
それは、表現手段としての音楽をより確立させたい、そしてさらに、音楽を越えた自己表現手段の模索と研究を進めたいという思いを行動(まだ端緒ですが)に移すことができたと思っています。

ぼくがなぜ「表現」にこだわるのか考えてみました。
それは、たぶん多くの方は信じられない!とおっしゃるように思いますが、実はボクは、会話で他者に説明したり納得させたりすることが強烈に苦手なのです。苦手なためにボクの人生の中身の約8割は誤解でされていること感じています。そしてその誤解はときに誹謗中傷へと発展します。
ですから、ぼくには、会話以外の表現手段が必要だと感じるのです。
しかし、自己表現という極めて私的な作業に終止するのは、そしてそれを生活の糧にするのは、ぼくの音楽にお金をだして聴きに来てくださるお客様にあまりに申し訳ないわけです。もちろん、ぼくの私的表現を聴いて「共感」を覚えていただける場合、その瞬間が一番嬉しいわけですが。
音楽家あるいはミュージシャンあるいはシンガーは、その成長とともに、自分の為の音楽から、他者の為の音楽へと進むことが望ましいと考えています。自分の為に音楽したいと思えば思うほど、他者の為に音楽をすることが肝要かと思っています。それは、ベタですが、「人」という字を考えましょう。(笑)これらは、音楽だけでなく、ヒトの社会での営み全体に通ずる普遍性を持っていると思っています。

話が逸れました。

私的自己表現手段としての音楽からさらに歩みを進める作業がここ数年続いています。
それは、時代の表現手段、政治的・社会的事象の表現手段への進化です。
つまり、世の中で起こる様々な出来事への自分の見識や主張を音楽で表現するということです。
しかしながら、このことを実現するには、当然のことながら、自分の見識や主張を持たなければなりません。ここが一番問題になるのです。
つまり、見識を持つ為の情報を入手するにあたって、テレビ・ラジオ・新聞などマスメディアには真実と異なる偏りを感じています。また、逆に、ネットの情報は、その量が多過ぎてこれまた真実が何なのかわからなくなってしまうのです。
真実は簡単にねじ曲げられてしまうし、真実は時として表にでにくいものだと感じています。そんな中で、真実を探求しようとする姿勢を持つ人は、案外少ないのではないかとも感じています。表層面しか見ようとしない人、ベタに言いますと、噂を鵜呑みにする人は、ごく身近な社会生活の中にわんさかいるんですよね。

昭和33年生まれのボクは、戦後の教育をまともに受けてきています。小中高で習ったことが、成人してから、どうも変だな〜、と感じることが多々あります。
それは、とくに歴史的・政治的なことに多いです。
今年に入ってから、実は独学ですが、歴史の勉強を始めました。一つ一つの歴史的出来事について自分なりに見識を持ちたいからです。

歴史に限らず、いま世の中で起こっている出来事について、真実を探求しようとすることは、表現者としての基本中の基本だと思うのです。
来年はもっともっと勉強したいです。

年末のご挨拶のつもりで書き始めた文章が、なんかどんどん別の方向へ行っちゃいました。すみません。
最後に、ボクがすごく気になっていることを思うままに順不同に羅列して、この文章を閉じたいと思います。
今日のような文章は、年1回書くか書かないか、ですので、どうかどうかご容赦くださいませ。
皆様、来年も精進いたします。何卒よろしくお願い申し上げます。
良いお年をお迎えください。

<気になってるリスト〜>
(1)音楽の内容と集客数のバランスの欠如
(2)途中経過の重要性や努力より、結果のみを重視する風潮
(3)自己責任、という言葉(嫌いです)
(4)無駄を省きすぎる超合理主義(時には無駄も大切だよね)
(5)憲法についての様々な論議(そもそも憲法をどれだけの人が読んだことあるんだろ)
(6)選挙で違憲状態が放置されてること(これ基本でしょ)
(7)子どもたちのお手本たるべき政治家の人たちの嘘
(8)罪のないところに罪を作ってしまうという事実
(9)原発問題
(10)明治維新・太平洋戦争・従軍慰安婦・南京大虐殺・領土問題などを含む歴史問題
(11)アメリカとの国家としての関係
12.31 (Tue) 12:23 [ 非日常 ] CM0. TB0. TOP▲
アルバム「金谷こうすけTHE NATURE『あるがままに』」(2500円)を、10月9日〜10月30日の期間中にお申し込みいただきましたら、送料を無料とさせていただきます。
限定盤のため、残数が少なくなっています。
お申し込み、お急ぎくださいませ。


naturenewalbumjacket

10.08 (Tue) 23:21 [ 非日常 ] CM0. TB0. TOP▲
こんなボクの誕生日に際し、お書き込み・メッセージ・メール・プレゼントなど頂戴いたしましたたくさんの皆様、本当に心からお礼申し上げます。本来ならば、お一人お一人に、ていねいにお返事しなければならないところですが、それもできずで、どうかご容赦くださいませ。
さて、55歳という、キリ番(なつかしい表現?)っぽい年齢になりました。しかし、ボクの脳内は小学1年生くらいからストップしていまして、あまりに子どもっぽく、自分でも情けないほどです。
こんな歳なのに、まだまだ落ち着かない日々を送っており、神はボクに、死ぬまで走り続ける人生を課したようです。
自分で目標を設定し、スケジュールを埋めることで、自己平衡を保っているという感じかな。気持ちとしては、浮世離れしてるつもりですが、現実は全然そうじゃないです。
とはいえ、音楽という仕事は、ボクにとって天職だと実感しています。
それは、音楽が好きだから、とか、ピアノが弾けるから、とか、作曲ができるから、とか、そういう意味ではなく、ボクのとてもとても大切な自己表現手段が音楽でして、ぼくの音楽は、自分の心の有り様とか、世の中の矛盾へのもどかしさ、とか、怒り、とか、悲しみ、とか、をボクは音楽でしか表現できんのです。
人の世は苦手です。この55年間、人の為にすることは、ひいては自分の為になる、と信じてやってきていつつもりです。が、相手に伝わってないときなんかが時々あって、壮絶に疲れます。きっと自分の何か方法や心根に悪いとこがあるんでしょう。。
みなさま、こんなボクですが、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
はやく無心の境地に達したい!と思った55歳の誕生日でした。

09.18 (Wed) 11:10 [ 非日常 ] CM1. TB0. TOP▲
2013賀正

旧年中はたいへんお世話になりました!
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

12.31 (Mon) 23:18 [ 非日常 ] CM0. TB0. TOP▲
TheNextMove、昨年の5月に結成しました。ぼくとしては、満を持しての結成でした。ドラムスの堀越彰と知り合っておよそ10年、数えきれないほどのステージをともにしました。その堀越と一致してベースは藤井邦彦と決めました。藤井とは一緒に音を出したのはほとんどなかったのですが、彼のプレイを一度だけ聴いて惚れ込みました。堀越も同じだったと思います。
このトリオが結成されるまでには、15年以上前まで遡ります。ぼくの音楽人生で最も影響を受け、これまた数えきれないほどのステージをともにしたバイオリニスト渡辺剛のとの出会いです。ぼくよりも10歳も若い彼の音楽、姿勢、哲学からぼくは多くのことを教えられ、学びました。彼の紹介で出会った堀越もまた渡辺と同類の人間ですから、イケメンすぎてむかつきますが(笑)尊敬に値します。そして、さらに師と仰ぐ深町純(故人)との出会いにつながっていきます。(もちろん、ぼくの名実ともに実質的な師匠はサックスの荒崎英一郎です。)
そしてさらに、ボクが惚れ込んだ音響の「音らんど」の大谷社長が、桑名晴子さんを紹介してくれました。晴子さんへの想いはもはや肉親に近いものを感じるほどです。そしてそこから、芳野藤丸さん、桑名正博さん、チキンの児島社長、そして、下田逸郎さん、そして増田俊郎さん、黒住憲五さんなどとの出会いに繋がります。
さて、ぼくのステージの音楽監督とツアーマネージャーをしてくれている浅原勇治も特筆すべき人間です。彼のとの出会いは、こてこてのジャズの仕事現場でした。デカい身体にも関わらず、機敏な現場での彼の動きをみて、ぼくを裏で支えてくれるのは彼しかいない、と感じました。以来、こうすけあるところにデカい浅原ありの状況です。
さらに、高校の同級生の小澤秀之!ぼくのライブを取り続けてくれています。何の因果か、高校のときのバンド仲間が、画像でぼくを支えてくれています。
何が書きたいのか!?すなわち、すべてが連結し、偶然にみえて、実は必然を感じてるということです。
そういう意味では、ぼくは本当に運が良い人間だと思います。
さてしかし、ぼくは、自分で自分が嫌になるほど未熟で、人に嫌な思いばかりさせています。そして、きっと、誰も表立って、ぼくには言わないけど、敵も多いんだと思います。
そんなぼくが、よくこんなに素晴らしい出会いに恵まれている、と自分でもびっくりしてしまいます。
ぼくは、ホントに、まるで小学生のように駄々っ子で、短気です。でもお人好しです。しかし、人のためによかれとおもってすることはほとんど裏目にでて、逆恨みされます。ぼくは人との接触をできるだけ避けたいです。できれば、人里はなれた山奥に引っ込みたいです。しかし、そんなことをしてては、音楽なぞできません。ここはたいへん悩ましいところです。
明日、チキンジョージで初リーダーライブです。お客様が一体何名お越しいただけるのかわかりません。
しかし、チキンでやりたい!と思ってから、一体どれくらいの月日が経ったのでしょうか。
ぼくにとって、チキンは「聖地」です。
最高のパフォーマンスがしたい!
ただそれだけ。。。。
酔っぱらいの戯言、ご静聴ありがとうございました。
05.24 (Thu) 23:53 [ 非日常 ] CM0. TB0. TOP▲
皆様、新年明けましておめでとうございます!

2012年賀状

01.01 (Sun) 01:58 [ 非日常 ] CM0. TB0. TOP▲
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。