上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ピアニスト」と「プロデューサー」の両方の仕事をしています。

お仕事をオファーされるときは、当然ピアニストとしてされるわけですが、オファーの仕方や、その仕事の「仕切り方」というのは、当然、千差万別です。

それになかなか慣れません。。。とほほ。。。

ブッキングの仕方、音楽の種類や趣旨、ギャランティーの提示の仕方、決済の仕方、現場の段取り、などなど多岐にわたる事項がある中で、「ん?」と、疑問や不信に思ってしまうこともそれなりにあります。。。

このことは、私にとっては、素晴らしい学習の機会です。。

つまり、
『自分が「ん?」と思うようなことを、自分がオファーする側のときには、してはならない。』という「事例」として、私のプロデューサーとしての「姿勢」や「在り方」の参考に猛烈になるわけです。(笑)

一般的には「反面教師」っていうんかなー!?

でも、自分がオファーする側のときに、果たしてミュージシャンのみんなに心身ともに快適に仕事していただくための細心の注意を払えているか!?というと、やはり100%ではないと自分でも思ってしまうわけでして、そこんとこは、もっともっと自分に厳しくしないとなー。。。って思ってしまいますー。。。。


画像は、難波の路上の屋台です!
めちゃめちゃおしゃれ!
皆さんも一度どうぞ!(笑)

屋台

01.31 (Thu) 15:15 [ 非日常 ] CM0. TB0. TOP▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://mintjam.blog88.fc2.com/tb.php/127-6d198b37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。