上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
去る11月19日の「Notes Of Life 2010」コンサートにご来場くださいました皆様、スタッフの皆様、出演者の皆様、本当にありがとうございました!
心よりお礼申し上げます。

2年前に50歳を期に始めましたコンサート『Notes Of Life』(人生ノヲト)は今年で3回目を迎えました。
1回目は「ビルボードライブ大阪」、2回目は「西宮アミティホール」で開催いたしましたが、今年はここ「サンケイホールブリーゼ」にご縁をいただき、このような立派なホールで開催できましたことをとてもうれしく思っています。

それぞれの世代の個人の状況あるいは社会の状況の中において、「音楽」はその時代を反映し、そして様々なことを思い出させてくれます。
音楽はいつも私たちの傍らにさりげなく存在し、私たちの人生を見守ってくれているように思います。
「生きていく」という一大事業を進めておられる本日ご来場のお客様が、このコンサートで、私の音楽で、今までの人生を、時代を、ふとタチドマッテ、「フリカエル」あるいは「カミシメ」ていただき、また明日から前進する糧にしてくださればとてもうれしく思います。
その行為が実はこの『Notes Of Life』(人生ノヲト)コンサートの目的であり、私をはじめとする出演者と、お客様全員で、音楽を通じて共有あるいは共感できれば、こんなにステキなことはないと思っています。

私の音楽が人様の糧になりうるかどうかは、当然、さまざまな評価を頂戴することになろうかと存じますが、そのことは、私が音楽家として成立するための目標であり目的です。
その目標を達成したいという思いをもってさらに精進しなければならないと思っています。

私の音楽をする目的がそんな訳ですから、音楽的に既存のカテゴリーの枠は認識しつつも、自由な表現をしていきたいと思っています。
音楽をする目的が明確になってから、日ごろの「ジャズのフィールド」とは異なる「オリジナル曲」を中心にホールでのコンサートを始めました。
年に1~2回のコンサートを始めてもう10年がたちます。
ジャズでもなくクラシックでもなくロックでもなく、何かしらの新しい音楽、新しいサウンド、より独自性のある音楽を追求し続けておりますが、いまだ道半ばです。

さて、今年の出演者各氏は、私が心から敬愛し、尊敬している音楽家ばかりで、日ごろから「金谷こうすけの音楽」をともに創り、ともに表現してくれている「仲間」であり「師」です。
彼らがいなくては私の表現活動はできません。
そして、私の音楽を裏で一緒に創ってくれている舞台監督、音響スタッフ、運営スタッフは、ステージの上にたって演奏をしているアーティストと同じように、彼らがいなくては成立いたしません。
とりわけ今回は、私のお弟子さんたちが運営スタッフに多く加わって、たいへんな尽力をしてくれました。
また、サンケイホールブリーゼの田村支配人様をはじめとし、ホールスタッフの皆様、サンケイビルの皆様、
ご後援、ご協賛してくださいました法人、個人の皆様の温かな応援は大きなパワーとなりました。
そして、何より、ご来場くださいましたお客様のおかげでコンサートが成立いたしました。

すべての皆様に心からの感謝の意を表したいと思います。
今後ともどうか、ご支援、ご指導を賜りたく存じます。
何卒よろしくお願い申し上げます。
本当にありがとうございました。
今後とも精進いたします。
応援、どうかよろしくお願い申し上げます。

金谷こうすけ

追伸
実は第1部と第2部の間の衣裳変えのときに、軽いギックリ腰をやってしまいまして、今現在、かなり苦しんでおりますー。。。とほほ。

アルバムもサイドバーに設置しましたのでぜひご覧ください。
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://mintjam.blog88.fc2.com/tb.php/249-e31303a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。