上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨夜は、北野坂の『象ビル』にある『ミッドナイトサン』のラテンナイトの仕事でした。この仕事は、私にとってはまさに修行のようなもので、ラテンのグルーヴ感の勉強になります。

自分の録音を聴いたときに、リズム的には『イーヴン』すぎる、音的には『カンカラ』している、といったプレイになっていて、おおよそ自分のイメージのサウンドになっていないことを、昨年あたりから感じていて、『こりゃいかん!』という状況です。今年は、クリニックをクラシック・ジャズの両方、受けようと思っています。

グルーヴが命のラテンで、グルーヴしきれないというのは、もどかしいですー。

昨夜のパーカッション『クツノ』さんにしても、オケに参加してくれていた『西野』さんにしても、当たり前かもしれませんが、打楽器の方のリズムに関する知識は素晴らしく、とても勉強になりますね。

何十年やってても、楽器・音楽というのは底知れなくて、そこがまた、魔力なんでしょうけどね。

今年は、練習時間を昨年の倍はとろう!!

像ビル

  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://mintjam.blog88.fc2.com/tb.php/33-59582cbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。