上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨夜は、ラジオで、ジャズ界の重鎮で夙川在住のヴィブラフォン奏者『鍋島直昶』さんと、ジャズフェスのあり方について薫陶を受けることができて、とてもよかったです。
他のジャズフェスとは違う道を歩もうと思いました。

放送後、事務所で深夜まで、実行委員会。
ここでも、監査役の実行委員の方が、とてもすごい意見を言ってくれました。
それは、予算についてですが、、、、。。。
「苦しいけど、第1回目の今回、補助金を自治体などからもらわなかったことは、とてもいい。多くのイベントを見てきたが、補助金目当ての人たちが企画側に増えてしまって、空中分解するケースが、多い。」というものでした。

私は「そうなのかー!!」と思いました。

ただ、協賛金集めとても苦しく、これはこれで、毎年継続するのは、すごく辛いことですよね。
だから、補助金は、次年度は、申請するつもりですが、その金額とか運用について、慎重にしなきゃな!って思っています。

それに、年間通じて、「夙川音楽街道基金」(募金)みたいなのを、やっていければなー!とも思います。

とにかく、市民参加型、会計ガラス張り、っていうのが、大切ですよね。

ところで、夙川音楽街道当日、スタッフと出演者のためのお弁当の試食用のものが、さっき届きました!(まささんありがとー!)
見た瞬間!こりゃ、みんなやる気出るぞー!!(笑)って思える内容です。
私も経験あるんですけど、出されるお弁当のおかずによって、演奏内容が変わったりしますー。。(爆)
いつぞやなんか、バンドのメンバーの一人だけ、卵焼きが、入ってなかって、その人、すねちゃって、モチベーションがた落ちでしたもん。。(爆)

お昼になったら食べてみますね。。。
03.15 (Thu) 11:48 [ 非日常 ] CM0. TB0. TOP▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://mintjam.blog88.fc2.com/tb.php/47-2e66054e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。